親の中にはいろいろな方法で資産を増やしたいと考えている人もいます。そのようなことから、親の遺産の中には、さまざまな金融商品が発見されるケースも多いです。大阪付近の相続相談なら親の遺産として発見される金融商品のうち、特に多いのが投資信託です。投資信託とは、プロに運用を任せて資産を増やしていく金融商品を言います。毎月分配金を出すものもあり、お小遣いをもらえるような間隔になれることから、高齢者の間では人気があります。

そこで、親の遺産の中に投資信託がある場合、相続人はどのように分ければよいのでしょうか。通常であれば、そのままの状態にして名義を相続人にするか、解約した後、現金を相続人で分配するかの二つの方法があります。運用成績がよく、今後も継続的に利益が見込めそうであれば前者の方法を選択するのもアリでしょう。しかし、質のよい投資信託ではなく、運用成績の改善も見込めないのであれば、後者の方法を選択したほうがよいかもしれません。