私は母子家庭に生まれたが、母親が会社を経営していたので裕福な家庭に育った。大阪付近で相続手続きはたまたま先祖から受け継いだ土地があったのでそこで以前勤めていた頃の上司に声を掛けられ下請け会社を始めたのである。バブル時代には月1000万近く稼いでいた。資産は2億はあったが私と兄が私立の高校、大学へ行ったり、おこずかいをかなりもらったり、高級外国車を毎年買い替えたり、その維持費も親名義のカードですべて好きに使っていたらどんどんお金は無くなった。だが、仕事もしていたため収入はあったのだが、不景気でどんどん収入も減っていき、暮らしも貧乏になっていった。そんな矢先、母親は長年来信頼していた友人に詐欺に合い、現金3000万を取られて少しの間病んでしまった。私の家を建てるために貯めていた3000万。仕方ない。後は土地が残っている。田んぼ7反と会社の300坪。これを兄と分けるが土地の値段はびっくりするほど安い。田んぼ一枚100万になるかどうか。
母が作った土地、財産なので特に頼りにしてはいない。生活のために売るのもいいと思う。土地は持っているだけで維持費がかかる。なので考えて貰うか、売るかしないといけない。
こうしてどんどんなくなってもらっても中途半端になりそうな私の親の資産だ。