親の遺産は現金、家、土地がありますが、一人っ子であればその遺産を全て受けることで問題はありませんが、兄弟がいるとちょっと大変です。現金であれば、兄弟の人数で分けることができますが、大阪の税理士法人ならば家、土地はわけることは大変です。現金化すると、評価額と売却額とはことなります。そのため、相続する時の土地の価格と実際に売却できた値段が違います。売却した価格で兄弟分割すると相続税の支払いに違いが発生します。ですのでこれが兄弟のトラブルとなることがあります。
他にも、絵画、宝飾品なども同様です。資産査定したときの価格と相続した時の価格売却した時の価格が違うので、それを兄弟で分割すると兄弟間の意見の違いからトラブルとなります。土地、家などの不動産は親が亡くなったあとでしたら、不動産取得税はかかりませんが、生前に贈与すると不動産取得税がかかります。兄弟間のトラブルとならないためには税金は少し払うことになりますが、生前贈与するのがいいでしょう。